後悔先に立たず。
ルサンチマンが止まらない。

ランキング参加中。クリックしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撲殺天使マキシマム。
 『PSYCHO-PASS サイコパス』、ここの所はずっと話が続く形式で最終回に向けて盛り上がってきましたね。

 最初はてっきり槇島さんがラスボスかと思っていましたが、どうやら自分たちを支配するシュビラシステム自体にも朱ちゃん達は対峙することになりそうです。
 シュビラシステムが人間の脳の集合体ということで、よくよくみてみればシュビラのマークは人間の脳をかたどっていますね。なんて言ってはいけません。
sibyl

 それにしても槇島さんは見かけとは裏腹に狡噛さん以上に肉体派でした。今回は次から次へと鈍器を持ちだし局長(藤間)をフルボッコ、まるで前回朱ちゃんにフルスイングで一発KOされたことを忘れたいかのようですね。
鈍器①
makishima-17-3

鈍器②
makishima-17-1

鈍器③
makishima-17-2

 僕っ娘局長もこれでお終いでしょうか。個人的には局長の「僕」もなかなかツボでした。

 余談ですが、逃亡したという2係の女性執行官がモブにしておくにはもったいないくらい綺麗でした。何故か提供の画面になっていたこともあり、今後でてくることを個人的には期待したりしています。
female
 この物憂げな視線、たまりません。

スポンサーサイト
『新世界より』が別世界に。
 『新世界より』がここ最近面白くなってきましたね。

 放映当初は説明不足な面が多く、毎回まとめブログで補完しなければならないレベルだったのですが、最近はそれをせずに済んでいる上に話の展開が非常に面白い。結末を知るまでに自分が作品についていろいろと調べまくったということもあるのですが、それをしていない妹でも楽しんでいるので、化けたのは確実だと思います。

 元が人気SF小説ということもあり、切らずに最初の暗黒期を耐えた甲斐がありました。

 で、ついにバケネズミが人間に反旗を翻して盛り上がってきてまいりました。19話「暗闇」に関しては、神栖66町民の皆さんが面白いほどにホラー映画顔負けの死亡フラグを立て、回収していきましたね。

 18話「紅い花」では、原作の内容だと鏑木肆星および日野光風さんの無双っぷりに二人ともTUEEEEEEE!な感じだったようですが、アニメだと尺の関係でそのあたりが簡略化され、光風さんがバケネズミ相手だからと余裕をぶっこいて太鼓の達人を披露していたら不意打ちされお亡くなりになった、ただのマヌケなおっさんにしか見えませんでした。 
 ただ登場時の、『ヒトを騙した悪鼠、舌を引き抜き裏返し、天日に干して干物にしようか。はたまた骨を砕いて引き延ばし、三段重ねで餅にしようか』という台詞は、それだけで光風さんの人となりがそれとなく分かる良い言葉回しだと思います。

 おかげで際立った鏑木肆星さんのイケメンっぷり。(↓)
shousei

 空飛ぶ真理亜のスカートの中をガン見していた初登場時は、仮面+フードを被って髪が見えない状態だっため何故か無条件にハゲだと考えてしまっていましたが、18話で自分の予想を良い意味で大きく裏切ってくれたため、現在自分の中で肆星さん旋風が吹き荒れています。瞳の中で輝く琥珀色の4つの虹彩も見事に厨ニ病マインドをくすぐってくれますね。
 しかも強いのに滲み出てる儚げさも良い感じ。強いのに。

※参考:初登場時の肆星さん
shisei-2
(手前に見えるのは浮遊する真理亜の足)

 イレギュラーな存在に対処できすにひっ掻き回されているあたり、『新世界より』の人間の呪力を盲信する世界観と、『サイコパス』のシュビラシステムに頼りきった世界観は似ていますね。槇島さんが「偽りの神に抗え」とか言ってもあまり違和感が無さそうです。

 ただ『新世界より』ではそのような存在を認識した上で極力生まないようにしている点、『サイコパス』ではそのような存在自体が実はシュビラシステムとして何も知らない人々を支配している点であることを考えると結構違いはあるのかな。どっちにしろイデオロギー教育恐ろしや。えらいパニックですがな。
 回想である『新世界より』と違い、『サイコパス』は現在進行形の物語なので槇島さんのような存在およびシュビラシステムがどうなるのかが気になる所です。
ガラパゴス諸島への帰還。
 一時期はスマートフォンへの切り替えを考えていましたが、最近はタブレットとガラケーの2台持ちに気持ちが傾いてきました。

 というのも、自分が携帯電話ですることといえば最低限のメールと通話のみで1週間に1回充電をすれば良いくらい。バッテリーの持ちを考えてもよくよく考えたらわざわざスマホにする必要はないだろと思うように。いざという時に使えなくなるのは困るし、いろいろな機能を一つの端末に集約させるのも抵抗があります。

 それでもやはり方向音痴で知っている場所以外に行けない自分にとっては、外でGPSなりネットが使えたら世界が広がりそうなので、メール通話のみを携帯電話に、ネットその他機能をタブレットに集約した方が良さそうだなという考えになってきました。通信料的にはやはりスマホ一択よりは高くついてしまうのだろうか。

 今のところ考えているのはNexus7とXperiaタブレット。
 デザインは断然Xperiaなんですが、お値段が…。大きさはNexus7がコンパクトのようですが、画面の大きさはどこまで使用感に関わってくるのか。周りにタブレットを持っている人が殆どいないので実際のところが分かりませんね。どなたか比較してくんろ。
 因みにアンチメジャーな自分はジョブズさんのタブレットは考えていません。

ぬくい恋人。
 あっと言う間に年末です。来月の今頃は新年とかにわかに考えられないですね。

 今週は忘年会がありました。新入社員は出し物をしなければならず、最初は約10人でダンスという話だったのですが、それがいろいろとあり、最終的には3人で踊ることに。踊り自体はひどいものでしたが、周りが盛り上げてくれたので何とか終わらせられました。
 自分にしては恥を忍んで頑張ったよ!でも、ダンスをドタキャンした同期がビンゴで自分が欲しいと思っていた某デジカメを当てたのは正直羨ましいと思ったよ!自分ですか?リーチばっかでした。

 話は変わりまだ1年目ということもあってか、土日も仕事のことばかり考えてしまってなかなか休めませんね。今まで電気毛布ちゃんとぬくぬく寝る時間が唯一休める時だったのですが、最近は夢にまで仕事のことが出てきて休まれNEEEEEEEE!
 身体的にも精神的にもガスが溜まりまくりんぐなんですが、来年になれば余裕はできるだろうか。

 そんなわけで真面目に瞑想に興味が出てきた今日この頃。調べてみると危険性も指摘されているようですが、実際のところどうなんでしょうね。何も考えない時間が欲しい。


見た目は大人、心はニート。
 入社してあっという間に半年以上経ちました。

 巷を騒がすブラック企業と比べると比較的恵まれた環境だと思うのですが、相変わらずコミュニケーションは苦手な自分。というか赤の他人とコミュニケーションを取ること自体に非常なストレスを感じるという、心は真正ヒッキーなまま進歩していないので疲れるのなんのって。IBSが絶賛加速中でございます。

 職場に一人自分が苦手なタイプ(気分の波が激しい)の方がいて、よりにもよってその人としばらく仕事を続けなければならないという悲劇。話しかけるのがKOEEEEEYOOOOO!しかもそんな心の動揺が説明下手に拍車をかけ、余計に相手をイライラさせてるっぽいという悪循環。毎回ごめんなさいごめんなさいと思いながら話しかけていますよ。
 そういう人だと割り切れれば良いのですが、どうしても相手の顔色が気になって申し訳なさを感じてしまう。

 しかしたまに土日出勤があるのですが、アレはいかんですね。
 平日のオンのモードのまま、精神的に休まる時がないのでだんだんと情緒不安定になってきますがな。ブラック企業で、休み無しに馬車馬の如く働かされる人が精神的にぶっ壊れるのが非常にうなずけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。