後悔先に立たず。
ルサンチマンが止まらない。

ランキング参加中。クリックしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かろうよどうぶつの森。
 PSPのモンハン2ndGを購入しました。
 
 人気ソフトというと必ずというほど名前が挙がっていたモンハン。気になってはいたものの、このゲームの醍醐味といえる通信仲間がいないので手を出さずにいたのですが、最近妹と一狩りできそうになったのでとうとう購入に踏み切りました。

 基本不器用なので視点変更など操作に慣れるのが大変だったのですが、モンハン持ちなるものを実行しやっとまともに動かせるようになりました。
 チキンなので弓でチクチク遠くから狩ってます。

 そしてオトモの猫が可愛いですね。モンスターが分散してくれるので、心強い仲間です。
 
 その結果、週末はネット・アニメ・モンハンという完全な引きこもり生活に。まどマギオンラインのクローズドモニターにも当選したので、今後ますます廃人度ぶりに磨きがかかりそうです。

 消費してばっかなので何か生産的なことをしなければと思いますが、生来の腰の重さから何もせずに現在に至る。

スポンサーサイト
技術の進歩。
 ついに、12月に購入したディシディアFFを紐解きました。いろいろと忙しくてメモリースティック購入を後回しにし過ぎた結果、気が付けば一ヶ月以上も経ってしまいました。ありがとう、お試しアマゾンプライム、昨日頼んだメモリが今日の夕方に届きました。

 が、分からない。初期設定以降、機械オンチが一切触れていなかったことが功を奏してPSPそのものの操作方法が忘却の洞窟へ。改めて説明書を読み直し、メモリやソフトの入れ方などを確認し、スイッチオン。懐かしいメロディが流れる中、何やらよく分からないので無難にストーリーモードから始めることに。

 予想以上に綺麗なオープニングでした。続々と登場する美男美女を前に、思わず正座。FF8のムービーを初めて観た時の感動を思い出しました。それにしてもムービー中に○かスタートボタンを押したくなる衝動に狩られるのは何故ですか。 

 で、少しプレイしてみたのですがいまいちよく分からない。レベルの上げ方に何たらポイント、そもそもドラマチック・プログレッシブ・アクションの意味自体が。いろいろと要素があるので、要領を掴むのに時間がかかりそうです。自分の場合。 
掌を、すり抜けろ。
20081219134421
 昨日ついにPSP同梱のデシディアFFが届きました。思ったより軽くて薄いことに感動。が、メモリスティックが必要な事を忘却の彼方から思い出し、掌を駆け抜ける事なく初期設定のみで終わりました。DSと同じ感覚で臨んだ自分が馬鹿でした。

 そして先程調べたら調べたらで、容量だの何だので予想外に種類が多くて混乱。自分の場合はようつべ等の映像も取り込む予定なので、おそらく2ギガ~になりそうです。
PSP。
 買いました。因みにディシディアFFとの同梱パックです。以前、当たらんだろうと思って予約権利の抽選に応募をした所、あら意外当たってしまったので、少し戸惑いましたが丁度良い機会だと思って購入することに決定。スクエニさんの商法に見事にはまっているけどな。

 それにしても生まれてこの方懸賞に一度も当たったことが無い自分が当たった位だから、応募した人全員当たったんだろうな…。PSPは新型らしいですが、何が違うのが分かっていない自分。
俺は死んだ。
 友人からPS2ソフトShadow of Memories を借りました。PS2初期のいびつなポリゴンとキャラの表情の乏しさが哀愁を誘うこのゲーム、いきなり主人公アイクが何者かに刺殺されるシーンから始まります。戦闘は一切無く、謎の人物ホムンクルスさんの力を借りて過去を改ざんを繰り返していかにして自分の死を防ぐかという内容です。

 よく分からんがとりあえず始めようということで、占い師と話した後ひとまず過去へ。主人公が黒い犬にビビり、大した範囲を移動できないので現在の自分がそれまでいた喫茶店へ。案の定主人公が寝ているので、これは話が展開するのではないかと思い話しかけてみることに。

死んだ。

 ホムンクルス曰く過去の自分に触れるのは御法度だそうで。知るか。そういう重要な事は始めに言ってくれ。容赦無くオープニングからやり直し。

 そして2回目でひとまず最初の死を防ぐことに成功。次の章では初っ端からバーが大火事。子供が中にいるじいさんを助けてくれというので、最初は「こんな火じゃ無理だ」という現実的な返答をしたのですが、話が進展しそうもなかったので主人公らしく助けに行く事に。

死んだ。

 そうでした、基本的には主人公が死ぬゲームでした。ホムンクルスからヒントをもらい過去に行き、放火犯を追い払うことに成功。しかも放火犯は助けてくれと騒いでいた子供でした。

 こんな感じで死につつ、ゲームを進めていますが過去と現在がいろいろとつながっていて面白いです。どうやらマルチエンディングらしいので夏休みはこれで楽しめそうです。そして3年前に買って未だに手をつけていないバイオ4。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。