後悔先に立たず。
ルサンチマンが止まらない。

ランキング参加中。クリックしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘲笑う司書。
 現在も卒論でがっつり死んでいるんですが、大学の図書館が5冊しか借りられなくて不便です。
 以前、どうしても借りたいものが沢山あり、やはり駄目かと尋ねると、

「無理ですハッ(←そんな勢い)」

と馬鹿にした笑いを浮かべられ終了。もう少しマシな返答は出来んのかクソババア

 院生に対しては、「貸し出し冊数が20冊に増えました!(今までは10冊)」とかやってるならついでに学部生の貸し出し数も増やしてくれよもう。院生の使う教室だけ個々に空調管理が出来るとか(学部生の教室は中央管理。寒いわ暑いわ)、何だこの贔屓ッぷりは…。

「卒業論文はこれで乗りきれ!5冊の貸し回しテク☆」ってか。

 もう洋書は学校で借り、日本語の本は昔「金田一少年の事件簿」でお世話になった公民館に取り寄せてもらっています。それにしても公民館ってこんなに小さかったけか。時の流れですな。 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。